相続

相続について

HOME > 相続 > 相続について
  • 相続について

    人の死によって始まる相続は、人生で誰もが一度は経験するできごとです。今まで法律を身近に感じたことがない人も、家族や親族の死によって、自分の権利は法律ではどうなっているのだろうと、初めて法律を探る機会になるかもしれません。

    そして私たち自身もいつの日か天命をまっとうし、また次の相続が始まります。

    相続にかかる問題、つまり遺産をどのように引き継ぐかという問題は、だれの身にもふりかかる最も身近な法律問題なのです。


    これまであなたが大切に守ってきた家や土地は、長いあいだ家族の成長を見守ってきてくれました。
    また同時にあなたの人生を、ずっとそばで支えてくれたのです。この先もきっとあなたの家族や子孫を優しく見守っていってくれることでしょう。

    しかしその財産が、あなたの思いもかけない形で、大切な人たちを争いに導いてしまうとしたら・・・

    「穏やかで幸せに満ちた家族のあり方とは・・・」、そして「皆が納得し幸せになれる相続とは何か・・・」を私と一緒に考えてみませんか。

3分で分かる相続!

  • 相続って?

    相続って?

    相続とは、亡くなった人(被相続人という)の財産やその権利・義務を法律で定められた人(相続人という)が受け継ぐことです。相続は、人の死によって始まります。

    相続人とその取り分(相続分という)は民法で決められていますが(法定相続という)、遺言書がある場合は、遺言書に書かれた内容が優先します。
    遺言書がない場合は、この法定相続分をもとに、誰がどのくらい、どの遺産を受け継ぐのかを、相続人の間で話し合いによって決めます(遺産分割協議という)。

    全員の意見が整えば、自由に相続財産を分けることができ、その内容を記載した遺産分割協議書を作成しておきます。

  • 相続人は誰?

    相続人は誰?

    では、相続人には誰がなるのでしょう。

    亡くなった人の配偶者は、常に相続人です。そして子どもがいれば、配偶者と子どもがなります。次に子どもがいなければ親又は直系尊属(その親)が、親もすでに亡くなっていれば兄弟姉妹が相続人です。
    但し子どもが亡くなっていてもその子ども(孫)がいる場合や、兄弟姉妹が亡くなっていてもその子ども(甥、姪)がいる場合は、代襲相続といって相続財産を引き継ぐこととなります。

    この相続人の調査は、亡くなった人の戸籍をさかのぼって調べていくのですが、何十年も前に亡くなった人の場合、放っておいた間に次々と相続人が亡くなり、その結果、数十人に膨れ上がることもあります。
    調査に1年以上費やすことも稀ではなく、費用も時間もかかってしまうのです。

    そして顔を見たこともない他の相続人に連絡をとり、遺産分割協議書に署名押印をもらわなければ、不動産の名義変更等を含む相続手続きはできません。

    ここから言えることは、遺産分割協議は被相続人の死亡後、相続人間で話し合いのできる相当な期間に行い、次の世代に引き延ばさないことです。

  • 相続財産は何?

    相続財産は何?

    次は相続財産です。
    相続財産は、不動産や預貯金、現金、株券、貴金属のようなプラスの財産と借金や連帯保証債務のようなマイナスの財産があります。相続人は、これらの相続財産を調べて、一体何がどれくらいあるのか、家族の知らない借金はないのか等を確認しなければなりません。

    もしマイナスの財産があれば、相続開始のときから、あるいは相続開始を知って3ヶ月以内ならば、相続をしない方法(相続放棄)や、プラス財産の範囲内でマイナス財産を引き継ぐ方法(限定承認)もあります。いずれも家庭裁判所への申立てが必要なので、できるだけ早く調査を始めましょう。

  • 相続税の支払いは?

    相続税の支払いは?

    相続税がかかるのは、人口の1割にも満たないといわれています。これは相続税の計算の中で、一定の金額を差し引けるような措置がとられており、配偶者は特に優遇されているからです。

    死亡後10ヶ月以内に申告と納税をすることとなりますが、相続税の計算はとても複雑です。心配な方は、最寄の税務署又は税理士に相談しましょう。

業務案内 こんなことでお困りではないですか?

インフォメーション

  • 石田美穂行政書士事務所インフォメーション

    石田美穂行政書士事務所

     〒511-0912
     三重県桑名市星見ヶ丘一丁目509番地

     TEL 0594-32-9115 
     FAX 0594-32-9108

    【業務内容】 
     成年後見制度、相続、遺言、離婚にかかる書類の作成、
     農地転用、介護タクシーの許可、福祉施設の開設、
     契約書、内容証明郵便の作成等

    【相談業務】
     1時間半~2時間 安心価格の7,560円! 
     ※費用については、直接電話、メール等でお尋ね下さい。